あらゆる書類を格安で電子化する
スキャン代行サービスのうるるBPO

事例

過去にお請けした業務内容とお客様の一部を、ご紹介いたします。

2012年11月30日

会員向けPDF閲覧システム用スキャニング・OCR

社団法人様より、保有の学術書や刊行物のバックナンバーなどを電子化し、
システムにて見れるようにしたいとのご依頼

【お客様のご要望】
・学術書や刊行物バックナンバーなどをスキャンし、
 システムにて会員向けに公開、ダウンロードできるようにしたい
・また、1ファイルあたりの容量をできるだけ軽くし、ダウンロード 
 閲覧の際にストレスのないようにしたい
・年度や著者名でも検索できるようにしたい

【納期】
開始から4か月程度
※すべてをスキャニング、システム稼働、データアップ作業

【その後の原本】
納品後、無料にて3か月間、弊社の倉庫で保管
その後ご指示をいただき溶解処理→溶解処理証明書を発行

【納品形式】
PDF(分割作業、圧縮作業、)、システム、

納品
お客様ご指定のポータブルHDDにて
また、システムについてはDVDにて納品
上記とは別で、納品データをシステムへのアップロード

案件概要
システム作成、スキャニング、OCR、データ分割、結合作業

入稿
段ボール30箱ほどの原本であったため、
3度に分けて、お引き取りにうかがう

作業内容
①お預かりした書籍のPDF化(裁断可能なもの、裁断不可能なものあり)
②目次のみOCR
③①でPDF化したものを、目次をベースにして、10MBに収まるように分割
④別CDでいただいているものに関しては、目次と本文を確認しながら、分割結合作業を行う。
⑤圧縮作業、セキュリティ、ヘッダー付与等を行う
⑥上記を基にし、エクセルへファイル名や目次を入力
⑦要件定義を決め、システムの作成、修正
⑧システムへのアップロード
⑨裁断したものの再生本、他溶解処理

システム公開用データのため、目次をベースにキリのいいところでの分割、結合作業がございましたが、
目次なども統一されていなかったため、1件1件慎重にチェックを行いながらの作業となりました。
また、OCRを文章全体にかけた場合、容量のサイズ、金額が大きくなりすぎてしまうため、目次のみに限定し、
別途エクセルにて、年度や著者名で検索できるようにシステムにも組み込みました。

また、原本は溶解処理を行い、裁断したものの一部は再生本も行いました。

事例一覧に戻る
いますぐ
お見積もり
ページ上部へ戻る